JARI 一般財団法人 日本自動車研究所

「ITS産業動向に関する調査研究報告書」2020年版


ITS産業動向に関する調査研究報告書

- ITS産業の最前線と市場予測2020 -

(A-4判 432頁)

報告書冊子 一般頒布価格 20,000円、JARI賛助会員価格(2割引) 16,000円(消費税別)
(5冊一括購入は1割引、10冊一括購入は2割引、20冊一括購入は3割引)
今回から、テレワーク等の拡大に伴い、PDFのご提供を始めます!


各方面でご活用いただいている「ITS産業動向に関する調査研究報告書」の2020年版

日米欧の自動運転の取り組みを網羅的に紹介するとともに、新型コロナウィルスの影響を受けた自動車産業やモビリティサービス・MaaS等の最新の動向も分析

ITS関連企業へのインタビューなどにより、内容を一層充実


超高齢化や人口減少、都市の人口集中、地方の過疎化、労働力不足などのこれまでの社会問題に加え、新たに新型コロナウィルスへの対応が求められるなかで、人やモノの移動の課題解決に向けて、自動運転やモビリティサービス・MaaSにますます注目が集まっている。MaaSがもたらす新たな価値は、鉄道会社、公共交通事業者はもとより、これからも様々な産業へと拡大するものと期待され、実現に向けた取り組みが活発化してきている。

本調査研究では、世界中で開発が進む自動運転の技術とその課題や法整備の動向を紹介するとともに、自動車が持つ情報の活用やセキュリティ、少子高齢化や労働力不足を解決するためにICTを活用した新たなモビリティサービスなど、自動車だけでなく、その周辺動向も含めて網羅的に調査を実施した。

今後のITS関連市場やモビリティ社会を展望するための資料として、様々な関係者にお役立ていただき、関連産業の発展に貢献することができれば幸いである。


2020年版報告書の特長


  • 世界の景気動向から考察した今後の自動車市場の見通しや従来からの社会課題に新型コロナウィルスの影響を背景にした人やモノの移動課題に対する将来のモビリティを考えるための課題を整理。
  • 自動車が様々なメディアと繋がるConnected化に向けた取り組みとして、インフラ協調サービスなどの動向等について紹介。併せて、Connected化の進展に必要なV2Xと車載電子システムのセキュリティの日本や欧米における開発状況や標準化、最新動向を紹介。また、カーナビゲーションの将来像についても考察。
  • 搭載が進む安全運転支援システムの普及動向やセンサーの最新動向についての調査、自動運転システムの要素技術である位置評定技術や周辺環境認識技術、AI技術などの技術的な課題を考察。併せて、モビリティの自動化の進展としてサービスカー・オーナーカーに代表される自動運転車両と大型トラックなどの商用車に分類し、国内外の自動運転の開発動向や実証実験の状況や、社会実装していくために整備すべき基準や規格・法整備の状況などを紹介。
  • 日本国内のMaaSの動向に注目し、MaaS推進に向けた政策について紹介。また、新型コロナウィルスの感染拡大による影響や新たな移動スタイルへのニーズの高まりなどを受けて、公共交通機関や様々な業種の事業者へのインタビューを通して見えてきた課題や今後のモビリティサービスのあるべき姿について考察。

頒布形式・価格

皆様からのご要望にお応えしてPDF版を発行することにいたしました。また、発刊当初の価格を諸般の事情により見直しをいたしましたので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

価格(税別、送料込)

報告書冊子のみでの販売  
一般 20,000円、賛助会員(2割引) 16,000円
PDFのみでの販売
一般 20,000円、賛助会員(2割引) 16,000円
報告書冊子+PDF セット販売
一般 25,000円、賛助会員(2割引) 20,000円

※1~3のいずれも、5冊一括購入は1割引、10冊一括購入は2割引、20冊一括購入は3割引となります。
※PDF版は個人使用に限定させていただきます。配布やクラウド等へのアップロードはご遠慮ください。


お申し込み方法


Close