JARI 一般財団法人 日本自動車研究所

「JARIシンポジウム2021」開催報告


2021年10月8日(金)、Zoom配信において、「JARIシンポジウム 2021カーボンニュートラルへの挑戦 ~自動車による貢献と実現に向けて~」を開催しました。賛助会員のみなさまをはじめ、1119名よりお申込みいただきました。


開催概要

  • 2021年10月8日(金)10時30分~16時00分(10時00分 接続開始)
  • 開催方式:オンライン(Zoomウェビナー)
  • 聴講料 :無料(要事前登録)

講演内容

主催者挨拶および近況報告

鎌田 実 一般財団法人日本自動車研究所 代表理事 研究所長

特別講演 2050年カーボンニュートラルに向かう世界現状と課題

高村 ゆかり  氏 東京大学未来ビジョン研究センター教授
日本学術会議副会長
環境省中央環境審議会会長

基調講演① 自動車技術によるカーボンニュートラルの将来可能性について

大聖 泰弘  氏 早稲田大学名誉教授

基調講演② 2050年カーボンニュートラルと自動車の電動化推進について

清水 淳太郎 氏 経済産業省 大臣官房参事官(自動車・再生可能エネルギー担当)
製造産業局自動車課 自動車戦略企画室長

一般講演① 水素社会に向けた各国の動向やトヨタの取組み

山下 顕 氏 トヨタ自動車株式会社 商用ZEV製品開発部 主査

一般講演② NEDOにおける次世代蓄電池開発

古川 善規 氏 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
スマートコミュニティ・エネルギーシステム部 部長

一般講演③ ENEOSの水素社会実現への取り組み~カーボンニュートラルに向けて~

南條 敦 氏 ENEOS株式会社 水素事業推進部 担当部長

JARI全体研究活動報告

土屋 賢次 一般財団法人日本自動車研究所 業務執行理事

閉会挨拶

一色 良太 一般財団法人日本自動車研究所 代表理事 専務理事


Close