DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

燃費向上・排出ガス低減

排出ガス・燃費試験方法

試験方法、試験設備に関する研究では、試験室内で実路の運転条件を再現するためのシャシダイナモ試験における設備の許容誤差を検討し、設備改善の提案を行っています。近年は、世界共通の試験方法や規制の検討が行われており、排出ガス規制に用いられる運転モード、計測方法および試験設備に関する研究開発や評価、シミュレーションによる燃費試験方法の検討などを行い、国際基準調和活動に貢献しています。

シャシダイナモ試験(ホイールトルク測定)の一例
シャシダイナモ試験(ホイールトルク測定)の一例

リアルワールドにおける実態把握として車載型排出ガス分析装置の開発や実路での排出調査を行っています。実路走行での燃費評価に関連する研究としては、実走行における燃費データの解析から燃費悪化要因を調査するなど自動車からのCO2 排出量低減を目指した研究も進めています。

空気抵抗シミュレーションの一例
空気抵抗シミュレーションの一例

 

燃料・潤滑油

自動車用燃料や潤滑油(エンジン油)に関する評価・研究も研究領域です。燃料に関する研究では、将来燃料に対応した新たな燃料性状分析方法や排出ガス・燃費に及ぼす影響を調査するとともに、試験方法の観点からも検討を行っています。エンジン油に関する研究では、車両を用いたエンジン油の省燃費性能の評価などを行い、高精度な燃費測定技術を提供することにより、自動車の燃費向上に寄与する研究を進めています。

低炭素技術(ディーゼル燃焼)

自動車の低炭素技術については、主にディーゼルエンジンの高効率化のため、燃焼や噴霧の基礎研究を行っています。将来的には、これらの研究成果を社会に還元して低炭素社会の構築に貢献することを目指しています。

ディーゼル噴霧燃焼解析の一例
ディーゼル噴霧燃焼解析の一例

▲ページトップへ