DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

2018.10.10

水素ガス試験設備性能が大幅に向上しました

水素・燃料電池自動車安全評価試験施設(Hy-SEF:Hydrogen and Fuel Cell Vehicle Safety Evaluation Facility)の増設工事を行い水素ガス蓄圧容器の容量を大幅に増強いたしました。
これに伴い大流量の水素ガスを使用する試験が可能となった上、より安定した圧力や流量での水素ガスの供給が可能となります。

  • 蓄圧容量を648L → 2448Lへと大幅増強しました
  • 国内最大級の流量(最大3600g/min)を実現しました

液圧試験、爆発・火災試験につきましても、多様なニーズにお応えいたします。

詳しくはこちらをご覧ください。

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ