DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

「JARIシンポジウム 2019」開催のお知らせ




創立50周年記念
JARIシンポジウム 2019
― これからのモビリティ社会の展望と課題 ―

 これまで自動車の評価技術は、排ガス性能や衝突安全性能の領域を基礎に燃費性能、予防安全技術の領域に拡大してきました。JARIでは、高度化する自動車の性能評価技術を一貫して追求して参りました。
 しかし、自動車をとりまく環境は激しいコスト競争の中で、地球規模の環境問題への対応、自動運転車の活用と新たなモビリティサービスへの期待といったこれまでにない新しい課題に直面しております。
 100年に一度といわれる大きな変革期の中で、EVやFCVが普及し、自動運転車両の開発が進むなか、来るべきモビリティ社会はどうなっていくのか、課題は何かをこのシンポジウムで展望いたします。

 JARIはお陰をもちまして本年創立50周年を迎えることができました。関係する皆様のご協力に感謝するとともに、本シンポジウムが、皆様のご参考になりましたら幸いです。

一般財団法人日本自動車研究所   
代表理事 研究所長 永井 正夫

開催概要

  • 開催日:2019年10月 2日(水)
  • 時 間:10:00 ~ 17:00(受付開始 9:30)
  • 場 所:ベルサール御成門タワー 3F(アクセス
        〒105-0011 東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー3F
  • 聴講料:無料(要事前登録)
  • 定 員:450名(定員に達しましたので、申込みを終了しました。)

予定プログラム

10:00~10:20 主催者挨拶 JARI 創立50周年を記念して 永井 正夫
代表理事 研究所長
10:20~11:10 招待講演
宇宙開発利用の現状と将来展望
坂田 東一 氏
一般財団法人日本宇宙フォーラム
理事長
11:10~11:20 休憩(10分)
11:20~11:50 EV開発に関する話題(仮) 豊増 俊一 氏
日産自動車株式会社
フェロー
11:50~12:20 JARIにおける燃料電池、蓄電池の耐久性評価技術に関する研究紹介 今村 大地
電動モビリティ研究部
主任研究員
12:20~13:20 昼休み(60分)
13:20~13:50 国際基準調和活動における自動運転(仮) 斧田 孝夫 氏
独立行政法人自動車技術総合機構
審議役
13:50~14:20 JARIにおける自動走行システムの安全性評価の取り組み 北島 創
安全研究部
主任研究員
14:20~14:30 休憩(10分)
14:30~15:00 今後のモビリティについて~技術革新と社会変革~ 天野 肇 氏
特定非営利活動法人 ITS Japan
専務理事
15:00~15:30 JARIのMobility研究の今後 岩野 浩
業務執行理事
15:30~15:40 休憩(10分)
15:40~16:50 パネルディスカッション
テーマ:これからのモビリティ社会の展望と課題
コーディネータ:室山 哲也 氏 日本科学技術ジャーナリスト会議副会長 元NHK解説主幹
パネリスト:横山 利夫 氏 一般社団法人日本自動車工業会 自動運転検討会 主査
               株式会社本田技術研究所 上席研究員
      豊増 俊一 氏 日産自動車株式会社 フェロー
      鎌田 実 氏 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 教授
      天野 肇 氏 特定非営利活動法人 ITS Japan 専務理事
      永井 正夫 一般財団法人日本自動車研究所 研究所長
16:50~17:00 閉会挨拶 半田 茂
代表理事 専務理事

※会場での録音、撮影はお断りいたします。

お申し込み


    お申し込みの受付を終了いたしました

    • お申し込み受付後、参加証をEメールにてご送信いたします。当日会場の受付にご提示下さい。
    • 本サイトでご入力いただいた個人情報は、本シンポジウムの実施、関連会議開催のご案内およびメルマガの配信のみに使用し「個人情報保護方針」に基づき適切に取扱います。

    お問い合わせ先

    一般財団法人日本自動車研究所 国際渉外広報室
    TEL:03-5733-7921 E-mail:sogomado@jari.or.jp

    ▲ページトップへ

    JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
    委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
    賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
     
    刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ