DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

「ITS産業動向に関する調査研究報告書」2016年版

 

ITS産業動向に関する調査研究報告書
- ITS産業の最前線と市場予測2016 -
(A-4判 282頁)
一般頒布価格 10,000円(消費税別)、5冊以上一括購入の場合は1冊6,000円 (消費税別)
JARI賛助会員価格 5,000円(消費税別)、5冊以上一括購入の場合は1冊3,000円(消費税別)

  • 各方面でご活用いただいている「ITS産業動向に関する調査研究報告書」の2016年版
  • 日米欧の自動走行の取組みを網羅的に紹介、セキュリティやビッグデータ、新たなモビリティサービス
    等の最新の動向も分析
  • ITS関連企業へのアンケート調査により、内容一層充実、ページ数大幅アップ

 世界一安全な交通社会の構築に向けて、各方面にて技術開発が進められている自動走行システムの実現には、自動走行システムの車両の開発はもちろんのこと、インフラとの協調など周辺環境の整備とともに、社会への受容性の醸成や法規等の見直しも求められる。また、実際にどう活用していくのか、どう社会に実装していくかなど、実効性のある導入に向けた検討が必要である。

 本調査報告書では、安全運転支援や自動走行などの進化に焦点を当てつつ、クルマの情報の利活用を図るビッグデータや、クルマが外部のメディアと安全に繋がるために不可欠なセキュリティ対策、少子高齢化や労働力不足を解決する新たなモビリティサービスなど、周辺動向も含めて網羅的に調査を実施した。

 本報告書が、今後の市場を俯瞰・分析するための資料として、ITS関係者にお役立ていただき、さらにITS産業発展に貢献することができれば幸いである。

2016年版報告書の特長

  • 国が進める自動走行などのITSやICT関連の施策を整理。
  • 安全運転支援システムの最新動向と併せて、今後の進化に併せたセンサーデバイスの搭載見通しについて調査。
  • 協調ITSシステムの普及に向けた課題や普及策等についてアンケート調査を実施。
  • 自動走行システムの国内外での取組みについて網羅的に紹介。併せて、システム実現にむけた技術的な課題や、人間と機械との役割分担について自動走行のレベル毎に整理を実施。また、今後の実用化に向けて、自動走行システムが社会に受け入れられ、有効に活用されていくための非技術的な課題を整理して紹介。加えて、レベル毎の自動走行の実現時期や実現に向けた課題などのアンケート調査結果を紹介。
  • 自動車が様々なメディアと繋がり、様々なデータのやり取りをするための自動車のセキュリティビッグデータ活用について、その開発状況や標準化の動向、最新の動きについて米国、日本の動きを併せて紹介。
  • 地球規模で起きている人口増加や環境問題の解決に向けて新たなモビリティの確保が望まれているなかで、課題先進国としての日本が抱える課題を整理し、その課題解決に向けて進む様々な取組みについて紹介。

お申し込み

購入申し込みフォームに必要事項を入力して、送信願います。


 

お問い合わせ

一般財団法人 日本自動車研究所 ITS研究部 國弘まで
〒105-0012 東京都港区芝大門1丁目1番30号(日本自動車会館12階)
TEL 03(5733)7924   FAX 03(5473)0655

目次

  • はじめに
 
  • 第1章 調査研究の概要
 
  • 第2章 ITS産業を取り巻く環境
    • 2.1 国内景気の動向
    • 2.2 日本の自動車市場の変化
 
国内の景気の概況・見通しと電動自動車の市場動向を分析
 
  • 第3章 ITSに関する主な国家施策
    • 3.1 世界最先端IT国家創造宣言
    • 3.2 官民ITS構想・ロードマップ
    • 3.3 科学技術基本計画(第5期)
    • 3.4 科学技術イノベーション総合戦略2016
    • 3.5 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)
 
 
国が進める自動走行システムやITS、ICT関連施策を整理
 
 
 
  • 第4章 ナビ・インフォティメントシステムの動向
    • 4.1 スマホナビの動向とその影響
    • 4.2 据付カーナビとPNDの国内市場動向
    • 4.3 据付カーナビの世界市場動向
    • 4.4 情報提供に係るHMIの動向
    • 4.5 スマートフォンとの連携について
    • 4.6 今後の情報提供システムについて
 
 
カーナビとPNDの国内外の市場動向の定点調査
 
 
 
  • 第5章  協調ITSの動向
    • 5.1 ETC2.0
    • 5.2 次世代UTMS
    • 5.3 車車間通信システム
    • 5.4 協調システム普及に向けた課題
  
ETC2.0、次世代UTMS、車車間通信の普及に向けた課題等のアンケート調査を実施
 
 
 
  • 第6章 自律型安全運転支援システムの動向
    • 6.1 全体的な普及動向
    • 6.2 安全運転支援システムのセンサー動向
    • 6.3 衝突被害軽減ブレーキの動向
    • 6.4 ACCの動向
    • 6.5 LKASの動向
    • 6.6 夜間前方視界支援装置の動向
    • 6.7 安全運転支援システムの搭載状況・見通し
    • 6.8 予防安全性能アセスメントの概要
    • 6.9 自律型安全運転支援システムの普及に向けた課題
 
 
  
各安全運転支援システムの技術動向調査とともに、センサの搭載見通しについてアンケート調査を実施
 
 
 
 
 
  • 第7章 自動走行システムの動向
    • 7.1 自動走行の定義
    • 7.2 自動走行システムの技術的課題
    • 7.3 自動走行システムにおけるHMI
    • 7.4 自動走行システムにおける非技術的課題
    • 7.5 国内の自動走行システムの開発動向
    • 7.6 欧州の自動走行システムの開発動向
    • 7.7 米国の自動走行システムの開発動向
    • 7.8 海外の自動車メーカー等における自動走行システム開発動向
    • 7.9 自動走行システムの市場動向アンケート
 
 
  
自動走行システム実現に向けた課題を整理するとともに、国内外の自動走行システムの動向について網羅的に調査
 
 
 
 
 
  • 第8章  モビリティの課題解決に向けた取組み
    • 8.1 日本が抱えるモビリティの課題
    • 8.2 ニーズ別の課題解決に向けた取組み
    • 8.3 事業化に向けた課題整理
    • 8.4 将来のモビリティについて
  
高齢者の生活交通、ドライバー・労働力不足に対応するための取組みや地域のニーズに併せた移動を支える取り組みを紹介するとともに、事業化に向けた課題を分析
 
 
 
  • 第9章 自動車をめぐるセキュリティの動向
    • 9.1 背景
             サイバーセキュリティに対する日本政府の取り組みやICT・
             ネットワーク分野におけるセキュリティの動向を紹介
    • 9.2 自動車セキュリティ概要
             自動車セキュリティが注目される背景や考え方について解説
    • 9.3 自動車関連セキュリティに関する世界の取組み状況
             自動車セキュリティやV2X通信、車内のセキュリティについ
             て各地域の取組み状況を紹介
  
  
 
自動車がConnectedするために不可欠なセキュリティの動向を解説
 
 
 
 
  • 第10章 自動車関連 ビッグデータ活用に向けた取組み
    • 10.1 ビッグデータとは
    • 10.2 ビッグデータ活用に向けた取組み
    • 10.3 今後の発展に向けた課題
  
自動運転への活用が期待される自動車に関連する様々なデータの活用例を紹介
 
   
  • 第11章 終わりに(ITSの普及に向けて)
 

 

▲ページトップへ