DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

JRJ20191001 研究活動紹介
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

自動バレーパーキングの開発と実証実験について
Development of an Automated Valet Parking System and a Field Operational Test

野村 徹也,谷川 浩
Tetsuya NOMURA,Hiroshi TANIGAWA

 自動運転の実用化には交通事故低減,渋滞削減,高齢社会の公共交通手段の確保,物流も含めた交通社会の革命的な進化など大きな期待がある.国を挙げて早期実用化に向けた様々な取り組みが行われる中,一般財団法人日本自動車研究所(以下、JARIという)では2016年度から自動バレーパーキング(以下、AVPという)システムの開発事業を受託し,AVPシステムの開発を進め,2018年11月13日~15日の3日間にわたり東京・台場の商業施設の一般駐車場においてAVP機能実証実験を公開した.
 本稿では,AVPシステムの開発内容,機能実証実験の概要,国際標準化の状況について示す.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20191001 研究活動紹介

発行年月 / Date of Issue

2019/10

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics
ID:8050
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ