DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20181201 解説
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

電気自動車に係る国際標準化(ISO/TC 22/SC 37)の近況報告
International Standardization in ISO/TC 22/ SC 37(Electrically-propelled vehicles)

吉原 三智子
Michiko YOSHIHARA

 二酸化炭素排出量削減,ガソリン等の化石燃料消費低減に貢献するクリーンエネルギ自動車を扱う標準化の会議体としては,国際標準化機構(ISO:International Organization of Standardization)や国際電気標準会議(IEC:International Electrotechnical Commission)においていくつかの委員会がある.
 一般財団法人日本自動車研究所(JARI)は,経済産業省の日本工業標準調査会(JISC:Japanese Industrial Standards Committee)から委託され,自動車関係の国際標準化の技術委員会であるISO/TC 22(自動車)傘下の分科委員会(SC:subcommittee)のひとつであるSC 37の国内審議団体となっている.ISO/TC 22/SC 37は,電気自動車全般の標準化活動を長年続けており,電気自動車の国際標準化の主軸となっている.そのような中で,JARI電動モビリティ研究部 標準化グループは長年,主導的立場を保ちながら,SC 37に参画してきた.ここでは,2015年以降のSC 37について, SC37傘下の作業グループ(WG:working group)とそれぞれのプロジェクト(国際規格[IS:International Standard]を新たに開発,追補または改訂して発行することを目的として行われる業務のことである.所定の手順に従って提案が承認された場合にだけプロジェクトに着手する.)について,さらには日本主導で作成したIS,新たに設置され日本がコンビーナ(議長)に就任したISO/TC 22/SC 37/WG 4について紹介する.

This paper describes International Standards prepared by ISO/TC 22/SC 37 (Technical Committee 22 [Road vehicles] Subcommittee 37 [Electrically propelled vehicles]) where the Japan Automobile Research Institute (JARI) is the Member Body of Japan on behalf of the Japanese Industrial Standards Committee (JISC) in International Organization of Standardization (ISO). It focuses on the International Standards prepared or published since 2015 and those for which JARI has been a leader in their preparation.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20181201 解説

発行年月 / Date of Issue

2018/12

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:8037
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ