DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

JRJ20181101 研究活動紹介
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

自動車セキュリティにおける課題と取組み
Issues and Research Activities of Automotive Security

大庭 敦
Atsushi OHBA

 自動車のセキュリティについては,元々は自動車の盗難という面が議論の中心となっていたが,2010年にコンピュータセキュリティを扱う国際会議であるBlack Hatで,コンピュータと同様の電子システムで構成される自動車においても,システムがハッキング出来るという報告がなされ,自動車におけるサイバーセキュリティが注目されるようになった.
 さらに,2015年のDefConで発表されたクライスラー Jeepの事例は,携帯電話網を経由してリモートで自動車の制御をハッキングした初めての例であり,大規模なリコールに発展した.
 近年,スマートフォンを自動車の情報系に接続する他自動車のOBD-IIポート(OBD:On-Board Diagnostics,故障診断用接続ポート)に通信機器を繋いでドライバの運転傾向から保険料を決めるサービスや,自動車メーカから提供される専用回線を用いるコネクトサービスなど,車両が外部と通信で繋がるようになってきた.
 また,自動車に搭載されるECU (Electric Control Unit)の数が増えるに従って,ソフトウェアの規模も大きくなっており,ソフトウェアのバグ修正などでも通信を用いることが検討されている.自動車外部との通信の活用はますます広がっていくことが見込まれており,それに従ってセキュリティ対策が重要な課題となっている.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20181101 研究活動紹介

発行年月 / Date of Issue

2018/11

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics
ID:8035
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ