DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

論文/Paper安全/Safety

自動運転車のMinimum Risk Maneuverの違いが後続車へ与える影響(第2報)―交通量の異なる状況における後続車への影響要因の実験検討―
Influence of Differences in Minimum Risk Maneuver of an Automated Vehicle on the Following Vehicles- Experimental Study of Factors Affecting the Following Vehicles under different traffic conditions -

本間 亮平, 若杉 貴志 (JARI), 小高 賢二 (日本自動車工業会 制御プリンシプルWG)

レベル3自動運転の権限委譲時にドライバの対応がない場合,システム制御(MRM)でのリスク低減が検討されている.渋滞走行時と交通量の少ない状況において,MRMのハザード提示有無,減速度,停止位置等の違いが,後方からの接近車両へ与える影響をDS実験で調査した.リスク低減に有用な条件から,MRMの配慮事項をまとめた.
When the driver fails to respond to a request to intervene issued by a level 3 automated vehicle, the system considers a way to reduce the risk by performing a system operation called minimum risk maneuver (MRM). In this paper, a driving simulator experiment investigates the effects of MRM conditions such as hazard lamp activation, amount of deceleration, and stop position on vehicles approaching from the rear under different traffic conditions. As a result of the experiment, effective MRM conditions for reducing the risk of collision with a vehicle approaching from the rear are clarified, and we propose them as MRM considerations.

種別 / Article Type

論文/Paper

発行年月 / Date of Issue

2021/01

発表学会等 / Society

自動車技術会論文集, Vol.52, No.1

分野 / Field

安全/Safety

分野詳細 / Detailed Field

予防安全

言語 / Language

日本語/Japanese
ID:12013
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ