※掲載内容は2011年3月末現在の情報です。

JHFC横浜・鶴見水素ステーション

JHFC横浜・鶴見水素ステーションの実証試験は平成18年度をもって終了しました。

日本初のオフサイト型水素ステーション

平成14年度~平成18年度運用
横浜・鶴見水素ステーションは日本初のオフサイト型水素ステーションです。
水素は産業用の原燃料として既にさまざまな分野で使われており、既存の水素工場、水素トレーラを有効に利用することができるオフサイト型は、水素ステーションの普及に向けて有望な方式とされています。
また、改質・精製の工程が不要であり、設備がシンプルであるとの特長を有します。
ここでは、鶴見曹達(株)で製造された水素をトレーラで受け入れ、燃料電池自動車に充填しています。

運用  鶴見曹達株式会社
 岩谷産業株式会社
原料 副生水素(食塩電解)
ステーション方式 水素トレーラ供給によるオフサイト型
水素貯蔵 水素トレーラ(2,030Nm3、19.6MPa)
水素の純度 99.99%以上(燃料電池に有害なCOは1ppm以下)
充填能力 25MPa、35MPa
5台連続充填(5分・台)
特徴
  • 日本初の圧縮水素オフサイト型ステーション。
  • 水素製造装置がない分、設置スペースと建設コストを削減。
  • システム立ち上げの時間が不要。
所在地 神奈川県横浜市鶴見区
このステーションのパンフレットを見る(JPG)

水素ステーションの構成

横浜・鶴見水素ステーション 構成