※掲載内容は2011年3月末現在の情報です。

JHFC川崎水素ステーション

世界初のメタノール改質方式水素供給設備

世界初のメタノール改質方式による水素供給設備です。水素をつくる燃料の中で、メタノールは最も安全性が高く、また、水素製造時の反応温度が250~300℃と低く(天然ガスの場合は600 ~700℃)、加温や保温に要するエネルギーの消費量が少ないという特長があります。メタノールと水を蒸発させ、触媒を使って反応させ、発生した水素を分離圧縮。出来上がった高圧水素ガスを、燃料電池自動車に充填します。

運用  日本エア・リキード株式会社 ジャパン・エア・ガシズ社
原料 メタノール水
水素製造方式 メタノール改質方式
水素製造能力 4.5kg/h(≒50Nm³/h)
(乗用車1台分を約40分で製造)
圧縮設備 2段式ダイアフラム圧縮機
蓄ガス設備 250L×8本 4バンク構成
水素の純度 99.99%以上(燃料電池に有害なCOは1ppm以下)
充填能力 乗用車連続5台またはバス1台
主要構成機器 改質器、PSA精製装置、圧縮機、蓄圧ユニット、ディスペンサー
特徴
  • 改質温度が比較的低い(250~300℃)
  • 高圧型改質器採用
  • 2段式ダイアフラム圧縮機
  • 高圧ガス設備とドライバーの隔離
所在地 神奈川県川崎市川崎区
このステーションのパンフレットを見る(JPG)

水素ステーションの構成

メタノール改質水素供給設備

交通アクセス


[所在地]

〒210-0861
神奈川県川崎市川崎区小島町3-9

[最寄駅]

  • 京浜急行大師線「小島新田駅」徒歩5分

[車]

  • 首都高速湾岸線より国道409号線大師方面へ、殿町3丁目交差点左折後、踏切越え直進
  • 首都高速横羽線・産業道路「大師ランプ」降り、国道409号線浮島方面へ、殿町3丁目交差点右折後、踏切越え直進