※掲載内容は2011年3月末現在の情報です。

JHFC船橋水素ステーション

JHFC船橋水素ステーションの実証試験は、平成22年12月をもって終了しました。

移動式高圧水素供給設備

JHFC船橋水素ステーションは移動式高圧水素供給設備です。水素を供給するための設備が全て車載されており、船橋での定置式ステーションとしての運用の他に、本格的な移動式水素ステーションとしても機能でき、定置式水素ステーションの利用エリア外をカバーする設備として利用されています。

運用  株式会社ジャパンエナジー
 大陽日酸株式会社
形式 移動式水素供給設備(高圧水素)
水素源 JHFC水素ステーションで製造した水素もしくはオフサイト水素(水素カードル)
圧縮設備 油圧ブースター4.5kg/h(50Nm³/h)
蓄ガス設備 205L(35MPa)×3本:C-FRP製
200L(40MPa)×4本:Cr-Mo鋼製
48.0kg(535Nm³):3バンク方式での充てん
水素の純度 99.99%以上(燃料電池に有害なCOは1ppm以下)
充填能力 35MPaにて、乗用車3台に連続充てん可能。
主要構成機器 C-FRP容器、圧縮機、蓄圧器、ディスペンサー
特徴
  • 移動式水素供給設備であるので、任意の場所での水素供給が可能
  • 定置式水素ステーションの利用エリア外をカバーし、
    燃料電池自動車の普及促進活動に利用可能
  • 他の水素ステーションから水素の補充を受ける事が可能
  • 蓄圧器の一部をC-FRP容器とし、設備を軽量化
所在地 千葉県船橋市
車両名 移動式水素供給設備3号車
このステーションのパンフレットを見る(JPG)

水素ステーションの構成

移動式高圧水素供給設備

交通アクセス


[所在地]

〒273-0017
千葉県船橋市西浦2-17-1
株式会社ジャパンエナジー船橋油槽所内