※掲載内容は2011年3月末現在の情報です。

JHFC横浜・大黒水素ステーション

水蒸気改質型の水素供給設備

JHFC 横浜・大黒水素ステーションは、JHFC パーク内にあるオンサイト改質型の水素供給設備です。コスモ石油(株)が独自に開発した脱硫ガソリンを原料に、同社が長年にわたり蓄積してきた水素製造技術を用いて高純度の水素を製造し、高圧に加圧して燃料電池自動車に充填しています。また、ステーションの隣には、(財)日本自動車研究所が運用する燃料電池自動車のショールームとガレージが設置され、燃料電池自動車の普及活動の拠点となっております。

運用  コスモ石油株式会社
原料 脱硫ガソリン
水素製造方式 水蒸気改質
水素製造能力 2.7kg/h(30Nm³/h)
(乗用車1台分を約60分で製造)
蓄ガス設備 40MPa・20MPa
水素の純度 99.99%以上(燃料電池に有害なCOは1ppm以下)
充填能力 35MPa・70MPa 3台以上連続充填可能
特徴
  • 水素製造装置の小型・パッケージ化
  • 自動制御運転(水素製造装置・蓄圧装置)
  • 高効率バーナーを採用(蓄熱バーナー)
所在地 神奈川県横浜市鶴見区

水素ステーションの構成

説硫ガソリン改質水素供給設備

交通アクセス


[所在地]

〒230-0053
神奈川県横浜市鶴見区大黒町9-1

[最寄駅]

  • JR京浜東北線「鶴見駅」東口
    横浜市営バス2番乗りば 「181系統」乗車(約20分)
    「横浜火力発電所」下車すぐ

[車]

  • 大黒JCT「大黒ふ頭出口」より約5分
  • 国道15号「大黒町入口」より約5分
  • 鶴見産業道路「生麦ランプ入口」より約5分