※掲載内容は2011年3月末現在の情報です。

JHFC横浜・旭水素ステーション

日本初のナフサ改質の水素供給施設

よこはま動物園ズーラシアの近くにあるJHFC 横浜・旭水素ステーションは、日本初のナフサ改質型の水素供給施設です。地下タンクに貯蔵されたナフサから高純度の水素を製造し、燃料電池自動車に高圧水素として充填する仕組みになっています。石油業界では、石油精製の過程で硫黄などの不純物を取り除くために、ナフサなどの石油から大量の水素を製造していることから、新日本石油(株)が長年にわたり培ってきた水素製造技術が、ステーションの随所に応用されています。
平成20年度には、プレクール機能付70MPa充填設備を増設し、70MPaでの充填試験を開始しました。

運用 新日本石油株式会社
原料ナフサ
水素製造方式水蒸気改質+PSA
水素製造能力4.5kg/h(50Nm³/h)
(乗用車1台分を約40分で製造)
35MPa70MPa
圧縮設備 能力 50Nm³/h16~18Nm³/h
吐出圧力 40MPa80MPa
蓄ガス設備 内容積 300L×10本240L×2本
最大圧力 40MPa80MPa
充填能力乗用車5台
またはバス1台連続充填
乗用車1台分
水素の純度99.99%以上(燃料電池に有害なCOは1ppm以下)
主要構成機器改質器、PSA、水素圧縮機、蓄圧器、ディスペンサー
特徴
  • 全自動運転制御
  • 装置スキッド化により設置工事の短縮を実現
所在地 神奈川県横浜市旭区
このステーションのパンフレットを見る(JPG)

水素ステーションの構成

ナフサ改質水素供給設備

交通アクセス


[所在地]

〒241-0001
神奈川県横浜市旭区上白根町1151-5

[最寄駅]

  • 相鉄線「鶴ヶ峰駅」「三ツ境駅」JR横浜線「中山駅」よりズーラシア(横浜動物園)行きバス終点下車

[車]

  • 国道16号線都岡町交差点より中原街道「動物園入口」方面へ