※掲載内容は2011年3月末現在の情報です。

JHFC有明水素ステーション

液体水素オフサイト型ステーション

JHFC 有明水素ステーションは、液体水素と圧縮水素の両方を供給できる液体水素オフサイト型ステーションで、現在、日本で唯一液体水素を供給できる施設です。
水素を製造する装置を持たず、製造工場から液体水素をタンクローリーで運んで、タンクに貯蔵し、液体水素を供給します。タンクには、液体水素で130台、圧縮水素で200台分の大量の水素が貯蔵可能です。

運用  昭和シェル石油株式会社
 岩谷産業株式会社
水素製造方式 液化水素ローリー供給によるオフサイト方式
液体水素貯槽 10,000L
圧縮設備 液体水素ポンプ500Nm³/h
BOG回収圧縮機20Nm³/h
蓄ガス設備 40MPa、80L×4本
水素の純度 99.99%以上(燃料電池に有害なCOは1ppm以下)
充填能力 圧縮水素:35MPa/台、充填時間10分以内
電気自動車用
急速充電器能力
高出力電力(30KW)を利用した急速充電タイプ
主要構成機器 液体水素貯槽、液体水素ポンプ、気化器、ボイルオフガス
回収装置、蓄圧器、ディスペンサー(圧縮水素/液体水素)
特徴
  • 日本初の液体水素ステーション
  • 圧縮水素/液体水素の両方への充填が可能
  • システム立ち上げに必要な時間が短い
  • 純水素型家庭用燃料電池を利用。発電効率:48(LHV%)、総合効率:93(LHV%)
所在地 東京都江東区
このステーションのパンフレットを見る(JPG)

水素ステーションの構成

液体水素貯蔵水素供給設備

交通アクセス


[所在地]

〒135-0063
東京都江東区有明1-5-8