※掲載内容は2011年3月末現在の情報です。

JHFC大阪水素ステーション

JHFC大阪水素ステーションの実証試験は、平成22年12月をもって終了しました。

コンパクトな水素発生装置を採用

JHFC 大阪水素ステーションは、既に都市部でインフラが整備されている都市ガスを原料とする都市ガス改質型水素ステーションです。商業地域の定置式水素ステーションとしては国内初となります。水素製造には、工業用として実績のある、当社が開発したコンパクトな水素発生装置を採用しております。
稼働率向上を目指した水素ステーションの多目的利用実証を図るとともに、都市部の立地を生かして水素エネルギーの認知度向上を目指します。

運用  大阪ガス株式会社
原料 都市ガス(天然ガス)
水素製造方式 水蒸気改質+PSA精製
水素製造能力 2.7kg/h(30Nm³/h)
蓄ガス設備 300L×7本(40MPa)
水素の純度 99.99%以上(燃料電池に有害なCOは1ppm以下)
充填能力 35MPa
主要構成機器 水素発生装置、水素圧縮機、蓄ガス器、ディスペンサー
特徴
  • 水素ステーションの多目的利用を実証
  • 都市ガスインフラを利用した天然ガス改質型水素ステーション
  • 日本で初めて商業地域に設置された定置式水素ステーションにより、
    水素エネルギーの認知度を向上
所在地 大阪府大阪市中央区
このステーションのパンフレットを見る(JPG)

水素ステーションの構成

都市ガス改質水素供給設備

交通アクセス


[所在地]

〒540-0008
大阪府大阪市中央区大手前3丁目1番7号(JHFCパーク大阪と併設)