※掲載内容は2011年3月末現在の情報です。

九州大学水素ステーション(JHFC協賛ステーション)

固体高分子型水電解水素供給設備

九州大学水素ステーションは、伊都キャンパス内に設置された水電解方式の水素ステーションです。福岡県が推進する「水素ハイウェイ」の西の水素供給拠点として、2009年9月に運転を開始しました。今後、この水素ステーションを活用して、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーとのマッチングを目指した研究を展開します。

運用  九州大学
 九州電力株式会社
 株式会社キューキ
 大陽日酸株式会社
水素製造方式 固体高分子型水電解
水素製造能力 10Nm³/h
蓄ガス設備 300L(40MPa)×18本、2バンク方式での充填
充填能力 連続5台、35MPa
主要構成機器 水素発生装置、圧縮機、蓄圧ユニット、ディスペンサー
特徴 低炭素社会に向け次世代型システム構築を目指した水素ステーション
(再生可能エネルギーと水電解の適応性を研究評価)
所在地 福岡県福岡市
このステーションのパンフレットを見る(JPG)

水素ステーションの構成

固体高分子型水電解水素供給設備

交通アクセス


[所在地]

〒819-0395
福岡市西区元岡744番地(九州大学伊都キャンパス内)