※掲載内容は2011年3月末現在の情報です。

JHFC愛・地球博水素ステーション/瀬戸南

JHFC愛・地球博水素ステーション/瀬戸南は、セントレア水素ステーションに移設しました。

国内初のハイブリッド型水素ステーション

平成17年3月~9月運用
愛・地球博水素ステーション/瀬戸南は、オンサイトで都市ガスを改質して得られる水素をベースロードとして使用するとともに、オフサイトで得られる副生水素を組み合わせて利用する国内初のハイブリッド型水素ステーションです。
水素供給源を二重化することで、高い供給信頼性を確保します。また、オフサイト水素を補助的に利用することで、オンサイト都市ガス改質水素製造装置の高効率な運転を実現します

運用  東邦ガス株式会社
 大陽日酸株式会社
原料 天然ガス(都市ガス)
水素製造方式 水蒸気改質+PSA
水素製造能力 9.0kg/h(100Nm³/h)
圧縮設備 9.0kg/h(100Nm³/h)
蓄ガス設備 6,000L(40MPa)
水素の純度 99.99%以上
充填能力 35MPa
特徴
  • 配管供給される水素を補助的に組み合わせた国内初のハイブリット型水素ステーション
    -水素供給源を二重化することで供給信頼性を確保
    -副生水素を補助的に利用することで、水素製造装置を高効率に運転
  • 国内最大級 (水素供給能力1,100Nm3/day) の水素ステーション
所在地 愛知県瀬戸市
このステーションのパンフレットを見る(JPG)

水素ステーションの構成

水素ステーションの構成