※掲載内容は2011年3月末現在の情報です。

JHFCセントレア水素ステーション

国内初のハイブリッド型水素ステーション

JHFCセントレア水素ステーションは、愛・地球博会期中(2005年3月~9月)運用してきたJHFC愛・地球博水素ステーション/ 瀬戸南を移設したも ので、都市ガスを原料とする水素と、製鉄副生水素を補助的に組み合わせたハイブリッド型水素ステーションです。
水素供給源を二重化することで、高い供給信頼性を確保し、副生水素を補助的に利用することで、水素製造装置の高効率運転を実現します。
水素供給能力は、国内最大級(100kg/day)を誇り、高圧ガス保安法改正にて規定された水素ステーション技術基準に適合する第1号水素ステーションです。

運用  東邦ガス株式会社
 大陽日酸株式会社
 新日本製鐵株式會社
原料 都市ガス(天然ガス)
水素製造方式 水蒸気改質+PSA精製
水素製造能力 8.9kg/h(オンサイト)
圧縮設備 8.9kg/h+4.5kg/h(2基設置)
蓄ガス設備 3,000L×2基(40MPa)
水素の純度 99.99%以上(燃料電池に有害なCOは1ppm以下)
充填能力 35MPa(バス用および乗用車用)
特徴
  • 都市ガスを原料とする水素とともに、製鉄副生水素を補助的に組合わせる
    ハイブリッドシステム
  • 国内最大級の水素供給能力
所在地 愛知県常滑市
このステーションのパンフレットを見る(JPG)

水素ステーションの構成

都市ガス改質水素供給設備

交通アクセス


[所在地]

〒479-0881
愛知県常滑市セントレア3-8-19

[最寄駅]

  • 名鉄空港線「中部国際空港駅」下車。旅客ターミナルから徒歩10分。

[車]

  • セントレアライン「セントレア東IC」出口を右折。