開催日時 : 2006年3月6日(月)
開催場所 : 東京ビッグサイト国際会議場

2006年3月6日(月)、東京ビッグサイト(江東区有明)国際会議場にて、JHFCプロジェクト活動報告会「平成17年度JHFCセミナー」を開催しました。
世界初となる燃料電池自動車(以下FCV)の燃費を発表し話題となった昨年に続き、今年度は「JHFCプロジェクト第1期(平成14年度~17年度)」の総まとめとして、FCVおよび、水素ステーション実証試験結果データを踏まえた「Well-to-Wheel(井戸元から車輪まで)総合効率*検討結果」を世界初公表、注目を集めました。

※総合効率とは「Well-to-Wheel (井戸元から車輪まで)」と呼ばれ、例えばガソリン車なら、原油の採掘から精製、運搬にかかるエネルギー消費を含めてCO2排出量、エネルギー利用効率(いわゆる燃費)を計算するものです。例えば電気自動車は走行中の化石燃料料消費、CO2排出量はゼロですが走行エネルギーとなる電気を作る発電の段階で化石燃料を燃やすため、その燃料消費とCO2排出量が計上されることになります。総合効率では、このようなプロセスを通して燃費(効率)とCO2排出量の環境負荷を計算し、環境に優しい車を見極めることを目的としています。

この講演の資料を見る(PDF)
講演の様子講演の様子講演の様子

基調講演

「長期的に見た水素とFCV」

(財)地球環境産業技術開発研究機構 茅陽一 副理事長(東京大学 名誉教授)が、地球温暖化対策として考える、脱炭素時代に向けた水素とFCVに関わる技術課題など長期的なシナリオについて講演。

この講演の資料を見る(PDF) この講演の資料を見る(PDF)

JHFCプロジェクト活動報告

「活動総括」

JHFCプロジェクト実証推進委員会 神本武征委員長(東海大学教授)による、JHFC第一期の4年間の実証試験を振返る活動総括報告。

この講演の資料を見る(PDF) この講演の資料を見る(PDF)

「自動車運用結果」

JHFCプロジェクト安全推進委員会 増永邦彦委員長(財団法人日本自動車研究所FC・EV研究部長)による、実証試験FCV車両の運用結果の報告。 FCVガレージの建設、車両運用規則策定、試験走行ルート設定など基盤整備から、運用実績、水素を扱う上での安全施策まで報告。

この講演の資料を見る(PDF) この講演の資料を見る(PDF)

「水素ステーション建設・運用結果」

水素ステーションワーキング 門出 政則主査(佐賀大学 教授)による、JHFC水素ステーション13基の建設・運営報告。全て異なる原料、異なる方法で水素を製造する複数のステーションの建設から運営、トラブル事例改善案など安全面の情報も公開。

この講演の資料を見る(PDF) この講演の資料を見る(PDF)

「水素ステーション試験結果」

水素ステーション領域運用・データ検討ワーキング 岡崎健主査(東京工業大学 教授)による、JHFC水素ステーション13基の運用試験結果報告。全てのステーションの現状と実用化段階におけるエネルギー効率推算結果や、CO2排出量、水素製造コスト試算結果を発表。

この講演の資料を見る(PDF) この講演の資料を見る(PDF)

「自動車試験結果」

自動車領域運用・データ検討ワーキング石谷久主査(慶応義塾大学教授)による、実証試験参加FCV走行試験結果報告。10-15モード走行時のエネルギ効率の高さや、昨年に引き続きICV、HEVとFCVを比較検討し FCVの燃費の優位性を発表。愛・地球博会場でシャトルバス運行したFCバス試験結果も初公表。

この講演の資料を見る(PDF) この講演の資料を見る(PDF)

「総合効率検討結果」

総合効率検討特別委員会石谷久委員長(慶応義塾大学教授)による、FCVと水素ステーション実証試験結果データを踏まえた「Well-to-Wheel(井戸元から車輪まで)総合効率検討の結果報告。エネルギー効率では現状、将来ともFCVの優位性を世界初公表。環境面でもCO2排出量の優れることが裏付けられた。

この講演の資料を見る(PDF) この講演の資料を見る(PDF)

「広報活動報告」

広報ワーキング 赤松英昭主査(燃料電池実用化推進協議会 部長)による、今年度の活動を中心とした過去4年間の広報活動の報告。各イベントの開催模様のほか、インターネットによる全国のFCV認知度調査結果を初公開。

この講演の資料を見る(PDF) この講演の資料を見る(PDF)

「実証試験の成果と課題」

JHFCプロジェクト実証推進委員会 神本武征委員長(東海大学教授)による、JHFCプロジェクト1期を通して得た成果と、次期に向けての課題提案の発表。

この講演の資料を見る(PDF) この講演の資料を見る(PDF)

特別講演

「次期実証試験について」

経済産業省資源エネルギー庁燃料電池推進室 山上和丘氏による次期燃料電池実証試験の取組みについての講演。車の他、定置用燃料電池、インフラ整備など実用化に向けてのシナリオを紹介。

この講演の資料を見る(PDF)

「Status of US. Hydrogen Infrastructure and
Fuel Cell Vehicle Technology Learning Demonstration」

米国エネルギー省 スティーブG.チョーク氏による、米国内で2004年秋から実施しているFCV実証試験の紹介。試験参加車両のデータ取得状況など、試験内容の詳細が初めて公開。

この講演の資料を見る(PDF)

パネルディスカッション

自動車会社、エネルギー会社をパネリストに迎え、「今後の実証試験について」をテーマに討論。車とインフラという切り離せない立場から、将来のFCV実用化に向けての活発な意見が交わされました。

モデレーター

早稲田大学 理工学部機械工学科 教授 大聖 泰弘

コメンテーター

燃料電池実用化推進協議会 企画・運営委員会委員長 / 慶応義塾大学教授
石 谷 久

パネリスト
  • トヨタ自動車(株) FC開発本部 FC技術部 主査 大仲 英巳
  • 日産自動車(株) FCV開発部 部長 萩原 太郎
  • (株)本田技術研究所 和光基礎技術研究センター 主席研究員 川口 祐治
  • コスモ石油(株) 事業開発部長 井原 克幸
  • 東京ガス(株) RD本部 水素ビジネスプロジェクトグループ マネージャー 田島 正喜
  • (財)日本自動車研究所 FC・EV研究部 技術参与 丹下 昭二
講演の様子講演の様子

「燃料電池車 実証試験と今後の展望について」

(株)本田技術研究所 和光基礎技術研究センター 川口 祐治主席研究員による、HondaのFCVへの取組みのほか、独自の実証試験の成果、FCVの市場化に向けた見通しなどが発表された。

この講演の資料を見る(PDF) この講演の資料を見る(PDF)

「水素ステーションの普及に向けて」

コスモ石油(株)事業開発部 井原克幸部長による、JHFC横浜・大黒水素ステーションの実証試験実績の紹介。普及に向けての課題、規制見直しの必要性、水素ステーションビジネスモデルの提言が講演された。

この講演の資料を見る(PDF) この講演の資料を見る(PDF)

「海外における燃料電池車の実証試験の状況」

(財)日本自動車研究所 丹下昭二 技術参与による海外実証試験調査の報告。北米、欧州、アジア、オーストラリアなど世界で実施されているFCV、水素ステーションの実証試験現状の紹介。

この講演の資料を見る(PDF) この講演の資料を見る(PDF)

ポスターセッション

今回初めて催したポスターセッションでは、実証試験に参加した全てのFCVと、水素ステーションの活動実績を報告しました。休憩時間には、各社の説明員が対応を行い、JHFCプロジェクトでの活動のほか、開発経緯、自社独自で行っている活動など幅広い取組みをご覧頂きました。

この講演の資料を見る(PDF)
ポスターセッションの様子ポスターセッションの様子