開催日時 : 2004年3月12日
開催場所 : 東京プリンスホテル

FCVの普及実現を目指して行われた、
平成15年度の活動を報告する講演会と展示会。

3月12日(金)、東京プリンスホテルにて、JHFCの活動を広くご紹介するセミナーを開催いたしました。

東京プリンスホテル内駐車場特設コースおよび周辺にて、国内外の最新燃料電池自動車の試乗会を開催いたしました。注目度は非常に高く、試乗される方の長い列が続きました。

当日は、乗用車とバスの2つの試乗会が行われました。
乗用車は、本年度から新規参画した自動車メーカーを含む6社が参加した、1周500mの特設コースの試乗です。
試乗された方々からは、「加速がスムーズ」「想像以上に静か」という感想が聞かれました。
試乗に使われた乗用車は、コンパクトカーからSUVまでタイプはさまざまですが、どれも実際に販売されている普通の乗用車がモデル。より内燃機関自動車との違いを感じていただけたようでした。


トヨタ・日野の燃料電池バスは、ホテルを出て芝・増上寺の外周道路を1周する約1kmのコースで、バスの中ではガイド役の担当者から燃料電池バスについてのレクチャーも。
試乗中は「航続距離はどれくらい?」「最高速度は?」などの質問が飛び交い、「モーターの特性か、加速時のトルクが高いのでバス向き」「臭いがしないクリーンな感じに好感が持てる」といった会話も聞かれました。また、バスを降りた方に報道関係者がインタビューする光景も見られました。
現在、同系のバスが東京都のパイロット事業として、八重洲/門前仲町~お台場間を走っていますが、来年開催される愛知万博でも、会場シャトルバスとして運行される予定です。