車載システムにおけるネットワーク型音声利用システムに関する調査研究 報告書

音声は人間同士がコミュニケーションするための基本的なツールで、人間が最も受け入れやすいインタフェースの1 つである。人間から発せられる言葉は発声の強弱によりその意味は大きく変わるなど多くの情報量を含んでいるが、機械が人間と同等に発声情報を認識し、判断して返答することは現状困難である

しかしながら、IT(Information Technology)、およびITS(Intelligent Transport Systems)の進展に伴って自動車内での情報利用が益々増大する傾向にあり、車載情報システムの操作頻度が増え、操作の簡便性は最重要課題となっている。特にドライバーが操作する場合は、運転の安全性をを確保する上でも操作性に充分な配慮が必要である

今後、車内でドライバーなどの意志を正確かつシンプルに伝達する技術が益々重要となり、特に音声によるHMI(Human Machine Interface)が、運転の安全性を確保するために有効と期待されている

平成12 年度から始まった本調査研究では、これまで車載システムにおける音声利用技術の現状調査、載音声利用システムのサービスと要求条件の検討および技術課題の抽出と機能分担の検討、ならびにネットワーク型音声利用サービスにおけるシステム課題の検討を行ってきた。今年度は、これらの成果を踏まえ、車向けネットワーク型音声利用システム共通基盤(プラットフォーム)の最適機能構成の明確化、アクセス記述方式・言語(Voice XML 等)の標準化への要求案の作成、およびアクセス記述方式・言語(Voice XML 等)の標準化要求案の有効性確認を行った

はじめに
1 調査研究の目的
2 調査研究の実施体制
3 調査研究の内容

第1章車向けネットワーク型音声利用システム共通基盤(プラットフォーム)の最適機能構成の明確化

第2章アクセス記述方式・言語(Voice XML 等)の標準化への要求案作成
 2.1 要求案作成までの流れ
 2.2 音声利用場面の検討
 2.3 欲しい機能の提案
 2.4 欲しい機能の一般化・抽象化
 2.5 関連機関との連携
 2.6 標準化団体の動向
 2.7 標準化案提案先の検討およびVoice XML アーキテクチャの拡張
 2.8 標準化機関への提案状況

第3章アクセス記述方式・言語(Voice XML 等)の標準化要求案の有効性確認
 3.1 要求案に基づく車載システムと音声利用センタシステムの試作
 3.2 試作システムを用いての情報授受の動作試験と要求案の確認

第4章結果の考察
 4.1 試作システムにおける課題
 4.2 試作システムにおける基本フロー・考え方
 4.3 ネットワーク型音声利用システムにおける今後の課題
 4.4 利用場面例

第5章まとめ
 5.1 調査研究のまとめ
 5.2 今後の課題

資料編
 参考資料1:海外調査報告(1) W3C Voice Browser WG
 参考資料2:海外調査報告(2) マイクロソフト社/Consumer Electronics Show
 参考資料3:動作試験データ
 参考資料4:標準化要求案の素案整理


付録略語表