プローブ情報収集のための統合型車載システムの開発に関するフィージビリティスタディ(本編)

プローブ情報システムは、車を自動車交通の触角、探針(Probe)とみなし、車固有の様々なセンサーデータを車外に発信させ、リアルタイム・オンサイトの情報として収集、加工し、車や社会全体に提供するものである。プローブ情報システムの活用により、道路交通情報提供の高度化はもとより、運行管理・安全性向上・環境保全などが図られることから、高度情報化社会の新しい情報源として、又ITS 発展の原動力のひとつとして大きな期待を集めている。

プローブ情報システムに関する研究開発は各方面で行われているが、多くは事前にプローブ情報収集機能を車載機に設定し、情報センターに送り処理するものである。こうした固定的な方法では、タイムリーな情報収集、渋滞原因の特定などオンサイトの事象把握能力の向上、多様化するニーズへの対応など、高度化する要望に対して、都度プローブ情報システムの設計、プローブ車載機の設定を見直す必要があり、プローブ情報サービス普及の妨げとなっているのが現状である。

道路交通情報提供の高度化、安全運転・環境保全の推進等に有益なプローブ情報システムを、着実に社会システムとして普及させていくために、

(1) 必要とする車のセンサーデータの追加、変更に柔軟に対応し、ひとつのプローブ情報収集車載機で多様なプローブ情報を収集できること
(2) 情報センターにおける処理の円滑化を図るため、必要なセンサーデータだけを車載機から送信するような指示が随時可能とすること
がプローブ情報収集のための車載機に求められる。

特に、(2) においては、プローブ情報を車載機から情報センターへ送信するのに使用していた通信機能を、目的に合せ情報センターが適宜必要なプローブ情報を指示し、車載機から送信する機能とに活用する。これにより、不要となるデータの送信を止め、反対に定間隔では収集できなかったプローブ情報を、必要なだけ詳細に入手できるようにし、本当に社会的に価値あるプローブ情報を、経済的に収集する機能を構築することができる。

本開発ではこうした要望に応えるため、インターネットITS のコア技術であるMobile IPv6 に対応した、プローブ情報収集のための統合型車載システム(以下統合型車載システム)を開発し、プローブ情報サービスの普及発展に資するものである。

第1 章フィールド評価用プローブ情報システムの概要
  1.1. 概要
  1.2. 開発機能仕様
  1.3. 機能・性能評価試験結果
  1.4. フィールド評価用車両搭載システム
  1.5. まとめと今後の課題

第2章フィールド用プローブ情報システムの開発
  2.1 概要
  2.2 開発機能仕様
  2.3 機能評価試験結果
  2.4 まとめと今後の課題

第3章フィールド評価試験の実施
  3.1 概要
  3.2 フィールド評価試験T
  3.3 フィールド評価試験U
  3.4 まとめと今後の課題

参考資料-1 機能評価試験データ
参考資料-2 フィールド評価試験データ
参考資料-3 海外調査報告 ITS世界会議