プローブ情報収集のための統合型車載システムの開発に関するFS報告書

プローブ情報システムは、車を自動車交通の触角、探針(Probe) と見なし、車固有の様々なセンサーデータを車外に発信させ、リアルタイム・オンサイトの情報として収集し、車や社会全体に提供するものである。例えば、車両位置や速度データを収集することにより渋滞など交通情報の提供、ABS( Anti-lock Brake System )のデータから凍結など路面状況、ワイパーのデータから降雨など天候情報、アクセルワークやブレーキングなど運転操作と燃料消費量などから安全運転、省エネ運転支援情報の提供などである。

また最近のインターネットやモバイル情報システムの急速な普及は、高度情報化社会に新たな局面を開きつつある。こうした環境下において、プローブ情報システムの活用により道路交通情報提供の高度化、運行管理の効率化、安全運転や環境保全の推進が図られることから、高度情報化社会の新しい情報源として、またITS発展の原動力のひとつとしてプローブ情報システムは大きな期待を集めている。

プローブ情報システムに関する研究開発は各方面で行われているが、多くは事前に規定した機能を車載機に設定し、情報センターに送り処理するものである。こうした固定的な方法では、多様化するニーズ、プローブデータ活用による渋滞原因の特定などの事象把握能力の向上や、高度化する要望に対してその都度設計、設定を見直す必要があり、プローブ情報システム普及にあたって障害となる。

道路交通情報提供の高度化、安全運転支援、環境保全の推進等に有益なプローブ情報システムを着実に社会システムとして浸透させていくために、
(1) 必要とする車のセンサーデータの追加、変更等に柔軟に対応し、ひとつのプローブ情報収集車載機で多様なプローブ情報を収集できること。
(2) 情報センター側における処理の円滑化を図るため、必要なセンサーデータだけを車載機から送信するような指示が随時可能とすること。
がプローブカーの車載機に求められる。

本開発ではこうした要望に応えるため、Mobile IPv6 に対応したプローブ情報収集のための統合型車載システム(以下統合型車載システム)を共通基盤として開発し、プローブ情報システムの普及発展に資するものである。

Mobile IPv6 は次世代のインターネットプロトコルである。車を高度情報化社会のインフラであるインターネットにつなぐことは、車固有の情報を社会の中で活用していくしくみをつくることである。しかしながら現状のIPv4 ではIP アドレスに限りがあり、車のセンサーひとつひとつにIP アドレスを割り振ることができない。IPv6 ではIP アドレスがほぼ無限に設定でき、個々の車のセンサーに割り振りが可能となる。

またMobile IPv6 により、車の移動によるネットワーク環境変化に対応できるようになる。即ち従来はIP アドレスの設定はネットワークに対して固定的であったが、Mobile IPv6 は接続するネットワークが変化しても連続的に接続が確保できる。このMobile IPv6 に対応した統合型車載システムの活用により、個々のセンサーにアドレスを付与し、情報センター側から必要となるセンサー情報をダイレクトに収集でき、ニーズの変化にフレキシブルに対応することが可能となる。

はじめに
1. スタディの目的
2. スタディの実施体制
3. スタディの内容

第1章 Mobile IPv6 に対応した統合型車載システム機能構成の検討
  1.1 概要
  1.2 プローブ情報システムの概要
  1.3 統合型車載システムの開発目標
  1.4 プローブ情報収集の要件
  1.5 開発方針の策定

第2 章 統合型車載システムの設計
  2.1 概要
  2.2 開発目標
  2.3 統合型車載システムに求められる必要機能と開発項目
  2.4 平成14 年度統合型車載システムの開発
  2.5 メッセージセットの開発
  2.6 擬似センサーの開発
  2.7 収集センター/GLI の開発

第3 章設計機能確認のための試作、評価試験
  3.1 評価試験の概要
  3.2 評価方法
  3.3 評価試験結果
  3.4 評価結果総括

第4 章スタディの今後の課題及び展開
  4.1 本年度の成果
  4.2 今後の課題

[資料編]
  参考資料-1 実験データ
  参考資料-2 海外調査報告(1) ITS 世界会議
  参考資料-3 海外調査報告(2) 韓国ROTIS のブローブ情報サービス
  参考資料-4 ワークショップ発表資料