ITSプローブカーシステムの開発に関するフィージビリティスタディ報告書

近年のIT (Information Technology:情報技術)の発展がもたらした情報のネットワーク化は、情報の価値に対する新たなパラダイムを生み出し、社会・文化に革命的なインパクトを与え続けている。 人や物の移動においても、ITSの研究開発をはじめとした取組が着実に進展している。例えば、高度道路交通システム(ITS : Intelligent Transport Systems)の開発、導入への活発な動きとして、VICS (Vehicle Information and Communication System)などの情報提供サービスがスタートしている他、民間においてもナビゲーションシステムを利用した情報提供サービスが開始されている。これらの情報提供サービスは、旅行計画立案の容易性や快適性の向上および交通流の円滑化による省エネルギー化や産業活動の効率化、さらにはドライバの高齢化による労働力不足への対処等幅広い社会的便益をもたらすものと予想される。これらの情報提供サービスでは、提供する情報をどのように蓄積加工するのかがサービス実現の鍵となっている

一方、自動車について見ると、エンジン、燃料、操縦等のほぼ全てがデジタル情報としてセンシングされ、これらの情報を活用することで安全で快適な走行を実現しているものの、これらの情報が車両制御等のスタンドアロンとしての活用に留まっている。自動車から得られる情報をネットワーク化し、他の車両や事業者等が相互に活用するシステムは実用化されておらず、こうした情報を有効に利用することができる仕組みが望まれている

ITSプローブカーシステムは、個々の車両等の移動体を動くセンサとしてとらえ、これらにより得る情報をネットワーク化し、新たな価値ある情報を生み出すというヴィジョンを実現するものである。 本研究開発は、ITSプローブカーシステム実現のための第1ステップとして、既存の車載センサにより収集可能な情報を抽出、コンセプトおよびトータルシステムを検討するとともに、実験によりシステムの実現性を検証することを目的として実施したものである

近年の情報通信技術のめざましい進展により、走行中の自動車から提供される様々な情報を収集し、他の自動車の走行支援に活用できる可能性が高くなってきている。今後、これを実現するためには、利用者のニーズに合った効率的な情報収集、加工、提供の検討が必要である。このような状況のもとで、本スタディは、情報収集系としての車両の可能性や、安価で汎用的なシステム構築への貢献が期待できるインターネット等の通信技術を活用した情報通信の有効性について、ベンチテストおよび実証実験を含めた検証を行うことによって、自動車交通に係わる高度で効率的な情報収集・提供システムの実現に資する事を目的としている

なお、ITSプローブカーシステムの実証の過程は、情報収集の可能性検証の段階と、収集した情報の加工、提供まで含めたシステム全体の実用性を検証する段階の2つの段階に分けることができる。本スタディにおける実施の範囲は、前者の情報収集の可能性検証段階までとし、特にセンターシステムに関するデータ処理システム方式の開発、実験センター設備の開発、実証実験に関して実施することとした

1.フィージビリティスタディの概要
  1.1 研究の背景
  1.2 概要
  1.3 実施体制
2.コンセプトの構築
  2.1 サービスコンセプトの構築
  2.2 通信コンセプトの構築
  2.3 普及発展のための要件
3.プローブカーシステムの開発
  3.1 プローブカーシステムの情報処理方式の開発
  3.2 実験用機器開発
  3.3 音声情報利用技術の開発
4.技術的実現性の検証
  4.1 技術的実現性の検証方針
  4.2 机上検討
  4.3 定量評価分析
  4.4 実証実験の実施
  4.5 実証実験結果総括
5.まとめと今後の課題
  5.1 本年度の成果
  5.2 今後の課題