自動車局地通信総合化システムの開発に関するフィージビリティスタディ報告書(要旨)

局地通信(スポット通信)手段とCATV等新たな情報提供手段を組み合わせた自動車向けの情報通信サービスシステムに関する技術の検討とこうしたシステムを地域の特性に合わせて展開する方策を検討し、自動車に関する情報通信システムの発展と自動車交通の改善に寄与することを目的とする

1.スタディの目的、背景と経緯
2.スタディの方針と範囲
3.スタディ成果の要約
 3.1 ARIES実験システムと機能整備
 3.2 ARIESにおける技術とその展開
 3.3 ARIESの機能、事業化に対する意見
 3.4 事業化への導入方策の検討
 3.5 ARIES実用化へのフィージビリティ
 3.6 ARIESスタディの成果